虫歯を直さずに1年間放っておいたら

ここしばらくの間ずっと、仕事やらプライベートやら色々なことでことごとく予定が埋まり続け、1年前から虫歯があると知りつつも歯医者へ行けないままでした。結果として1年間虫歯を一切治療せずに放っておいたわけですが、意外と痛くなったりもせず、案外大丈夫なもんだなと気楽に構えていました。まぁ時間ができた時に行けばいいか、と。

虫歯(虫歯の原因と予防)|アニメで学ぶ歯の知識

そう考えた3日後くらいです。急にその虫歯付近が痛むようになり、鏡を見たら明らかに虫歯がある場所、顎の右側がオタフクのように腫れていたのです。誰がどう見てもわかるくらい、パンパンにです。喋ったり食事をしたりなど、とにかく口を開けるだけでも痛みが走り、とてもじゃないですがこのまま出社なんてできない状態でした。私は急いで会社と歯医者に電話をし、出社を遅らせて歯医者へ急患扱いで行きました。

カルシウムチェッカー|ニッスイについて|ニッスイ商品情報サイト

結果として、その虫歯は放置したのが原因で歯根の方まで腐ってしまい、それが影響して歯茎が膿んで思いっきり腫れてしまったものでした。歯根が腐ってしまっていますから、歯を削ったり神経を取ればいいというものではありません。その日は膿と痛みを応急処置し、後日抜歯をすることになりました。抜いた場所にはブリッジをすることで歯を埋めるようです。



正直、私は虫歯を甘く見ていました。他の怪我のように自分の目に見えるようなものでもないですし、今回痛みも特になかったため、その緊急性に気付かず結果的に抜歯までいってしまったわけです。自分のことは自分が一番よくわかっているといいますが、あんなの嘘ですね。みなさんはちゃんと病院に行くようにしてください。永久歯は、抜いたらもう2度と生えてこないんですから。